わくわくライフ

セミリタイヤ生活を追い求めて退職、自分の人生を取り戻し中。仕事、家族、趣味、アップル、家族旅行など雑記ブログ。

ドラマ-エンタメ

絶対零度シーズン3第5話のネタバレ感想。井沢範人は未来犯罪者?殺人者?

投稿日:2018年8月8日 更新日:

絶対零度第五話ネタバレ、感想

https://twitter.com/zettai_0_mihan/status/1027047768865402880

いこか PC記事上 レクタングル大

スポンサーリンク

絶対零度Season3第5話がやっと放送されました!

この1週間が待ち遠しかったです。

さて今回は、いろんな「秘密」が明らかになります。

さぁ早速そのネタバレ内容を見てみましょう!

絶対零度シーズン3、第5話の前半あらすじ解説! ※ネタバレ注意

物語は、東堂定春のある一言から幕を上げます。

「ミハンシステムが今回、未来犯罪者としてリストアップしたのは17歳の高校生である」と総務部資料課分室メンバーへ告げました。

今回のターゲットは、岡崎直樹という青年であった。

私立青葉中央高校の2年生で、成績はトップクラスでありバスケットボール部のエースという完璧なスペックを有していた。

更に、岡崎直樹の父親は文科省の次期事務次官候補というエリート一家となっている

なぜ、ミハンシステムは岡崎直樹を未来犯罪者と特定したのか。

実は岡崎家の周辺である世田谷区では動物殺傷事件が相次ぎ発生していた。

近隣の防犯カメラの映像から岡崎直樹が容疑者としてリストアップされていた。

東堂定春は、動物への虐待や殺傷は殺人事件を起こす予兆であると総務部資料課分室メンバーへ告げた。

確かに、自身の何かを壊したい衝動を人ではなく、か弱い動物へと向けるのは危険である。

それがエスカレートすると殺人を犯してしまうのではないかと、ミハンシステムは予測したと思われる。

そこで早速、潜入捜査が始まった

小田切唯と田村薫は、岡崎直樹の周辺捜査に当たるべく私服警官に紛争した。

近隣住民から岡崎家の様子の聞き込みを開始した。

聞き込みを開始しても、岡崎家に関する悪い情報は全く出てこなかった。

仲もよくよくできた息子であり、理想的な家庭だという意見が多かった。

ある日、近くの家でおばあちゃんの家が火事にあったそうで、火事の中、岡崎直樹はそのおばあちゃんを助け上げたとのこと。

街ではヒーローとして崇められた時があったそうです。

どこを切り取っても素晴らしい好青年という情報しかなく、逆に怪しいと井沢範人は感じ始めました。

そして、山内徹は私立青葉中央高校のバスケ部に外部指導員として潜入することにしました。

実は意外にも山内徹はバスケが上手く、部員達からはすごい!と一瞬で評価が上昇しました。

そんな時、岡崎直樹は山内徹に対して1on1を申し込みました。

1on1とはバスケ用語であり、簡単に言うと1対1で攻めと守りに分かれてハーフコートで対決するというものでした。

井沢範人は、これは岡崎直樹の策略であると読みます。

岡崎直樹が山内徹に勝利した場合→山内徹の評価を落とし、自身の評価を上げることができる。

岡崎直樹が山内徹に敗北した場合→さすが外部指導員の山内徹はすごいと褒め上げ、自身の評価は変わらずに収めることができる。

つまり、どちらにせよ岡崎直樹は不利益を被らないということである。

そして早速、対決は始まりました。

正直、山内徹の圧倒的勝利で3-1で勝負はすぐにつきました。

案の定、岡崎直樹は山内徹を褒め上げてこれからよろしくお願いしますと、好青年ぶりを更にアピールした。

山内徹は対決しながら、岡崎直樹が何を考えているか分からないという感情を覚えていました。

実はこのバスケ部では、次々と指導員が辞めており何かしら問題のある部活であった。

この問題を探るため、引き続き山内徹は潜入捜査にあたった。

一方、岡崎直樹の周辺聞き込みを行っていた小田切唯と田村薫の下へある男が現れた。

その人物は、川上邦明という40代くらいの男で、大手新聞社の元記者をやっており、今ではフリージャーナリストを行っていた。

川上邦明は、岡崎直樹と密接な関係にあると答えた。

川上邦明は、岡崎直樹が動物殺傷を行っていることを知っており、人を殺してしまう衝動を抑えるために定期的に話を聞いていると答えた。

後日、小田切唯が川上邦明と2人きりで話をしてある質問を投げかけてみた。

岡崎直樹は人を殺してしまうのか?

川上邦明は、人は誰しも誰かを憎み殺したいほどの衝動に駆られることはある。

岡崎直樹はその衝動がただ強いだけであり、衝動には波がある。

衝動の波、変化を上手く捉えて話を聞いてあげることで、岡崎直樹の理解者となり殺人を未然に防いであげているのだという。

総務部資料課分室メンバーの捜査は行き詰ってしまった。

潜入捜査を続けてはいるが、岡崎直樹を救おうとしている川上邦明という男がいる。

川上邦明がいる限り、岡崎直樹は殺人を犯さないのではないだろうか。

ミハンシステムの予測通りにはならないのではないだろうかと。

絶対零度シーズン3、第5話の後半あらすじ解説! ※ネタバレ注意

沈み込むメンバーの前に、東堂定春は川上邦明を徹底的に調べ上げろと指令を出します。

その指令から井沢範人は、川上邦明も岡崎直樹と同じ衝動を抱えた仲間なのではないかと推理し始めた。

そうでなければ、岡崎直樹の良き理解者として川上邦明が話を聞き出せるはずはないのではないか。

井沢範人と小田切唯と田村薫は、川上邦明の自宅へ潜入した。

監視カメラを仕掛け、部屋の中から何か手がかりとなる物を見つけようとした。

井沢範人はあるファイルに目を付けた。

それは、岡崎直樹の同年代の子が過去に自殺した事件や川上邦明自身が取材した記事がファイリングされていた。

その中にあるホームレス殺人事件に関する記事があった。

あるホームレスの男性が殺害されたのだが、犯人の証拠が見つからずに未解決となった事件であった。

実はこの事件の容疑者の1人は、過去にミハンシステムが未来犯罪者と予測した人物がいた。

その男は、岡崎直樹と同様に動物殺傷を行っていたというデータがあった。

井沢範人たちは、総務部資料課に戻りこの事件を更に調査することとした。

総務部資料課に戻った後、川上邦明が総務部資料課メンバーに呼びかける声が聞こえてきた。

なんと、川上邦明は自宅に仕掛けられた監視カメラに気づいており、カメラ目線で話しかけてきた。

あなたたちが侵入してきたのは知っている。知りたいことがあるならば、直接話に来て下さい。」と、川上邦明は言い放った。

この初めての状況に、井沢範人は正面でぶつかることにした。

川上邦明の自宅へ行き、2人きりで話をすることにした。

井沢範人は既に今回の真相を掴みつつあった。

川上邦明は、岡崎直樹の良き理解者ではあったが殺人を食い止めようとしているのではなく、助長していたのだと。

それは過去のホームレス殺害事件の時も同じで、動物殺傷を続ける潜在的な殺人者をゆっくり時間をかけて育て上げている。

川上邦明は、自分ができないことをそうした子供たちにやらせて楽しんでいると推理した。

川上邦明は直接的には認めはしなかった。

そして川上邦明は、岡崎直樹が動き出しているとヒントを井沢範人に言います。

立て続けに、川上邦明は井沢範人は人を殺したことがあるとも言い出しました。

しかし、井沢範人は何も言いません。

肯定も否定もしませんでした。
盗聴器で聞いていた総務部資料課分室メンバーは驚愕します。

なぜ何も言わないのか。

このシーンは次回へと繋がるシーンなので、ぜひ映像で井沢範人の表情を見て下さい。

そして、井沢範人は急に飛び出して仲間とともに、岡崎直樹の父親が働く文科省へと向かいます。

現場に着いた総務部資料課分室メンバーは驚きます。

岡崎直樹が組み立て式の銃を持ち込み、無差別殺人を繰り返していました。

銃と自分に怯える人を見て悦に入っていました。

すると岡崎直樹の父親がやって来ましたが、すぐに岡崎直樹に殺されてしまいます。

岡崎直樹の前に井沢範人が立ちはだかります。

すぐに銃を奪い、岡崎直樹を押さえてにかかります。

岡崎直樹は隠しナイフを振り回し出して、暴れます。

しかし、総務部資料課分室メンバーに囲まれて後がなくなった岡崎直樹は、なんと隠しナイフで自らの首を切って自害を図りました。

唖然とする総務部資料課分室メンバーの前に、川上邦明がやって来ます。

川上邦明は興奮気味に既に死んでいる岡崎直樹とその父親を写真に取り続けました。

その背中をただ見ることしか、総務部資料課分室メンバーにはできませんでした

絶対零度Season3第5話の感想。井沢範人は未来犯罪者?殺人者?

今回の物語は、AIの限界地点を見たような気がします。

ミハンシステムは完璧でした。

岡崎直樹は確かに、犯罪を犯し人を殺しました。

ただその彼を裏で操っていたのは、川上邦明です。

でもこの国の法律では川上邦明の罪を立証することはできません。

そして気になるのが最後のシーンです。

川上邦明が夜道で歩いていたら、謎の男に後ろから襲われます。

川上邦明は「やはりお前か。俺を殺しにくると分かっていた。」と言い残してそのまま殺されてしまいます。

その後ろ姿はいつも井沢範人が来ているベストが映りました。

これまでの物語でも、法律では裁けない犯罪者を何者かが殺していくシーンはありました。

これら全て井沢範人の仕業なのでしょうか。

井沢範人は正義なのか?悪なのか?

その真相に迫るのはなんと次回の物語です!

見終わった瞬間にもう続きが気になってしょうがありません!

また、総務部資料課分室メンバーは井沢範人の過去と東堂定春の過去を知りつつあります。

自分たちを統率している東堂定春と井沢範人の過去を知った時に、総務部資料課分室メンバーはどんな反応、行動を取るのでしょうか。

第5話という中間地点での、大きな展開に目が離せません!!!

いこか PC記事下 レクタングル大1

スポンサーリンク

いこか PC記事下 レクタングル大2(1と同じ)

スポンサーリンク

関連アドセンス

-ドラマ-エンタメ

Copyright© わくわくライフ , 2018 All Rights Reserved.