わくわくライフ

セミリタイヤ生活を追い求めて退職、自分の人生を取り戻し中。仕事、家族、趣味、アップル、家族旅行など雑記ブログ。

APPLE

iPhoneXのディスプレイが黄色っぽい。色温度が低いのでアップルのジーニアスバーに相談した。結果、仕様の範囲とのこと・・・。

いこか PC記事上 レクタングル大

スポンサーリンク

投稿日:2017年11月21日 更新日:

発売日に購入した2台のiPhoneXですが、1台が黄色っぽいディスプレイだったんです。
どう見ても色温度が低く見えちゃいます・・・。

それぞれ片方しか見なければ気がつかないと思います。
でも全く同じモデルを買ってしまったので、今回気がついてしまいました。

アップルのサポートに電話したところ、ジーニアスバーに2台を持っていって相談、と回答をもらったので、早速アップルストア銀座のジーニアスバーに行って来ました。

今年に入ってからだったか、アップルサポートのアプリがリリースされてアプリ上からジーニアスバーの予約を取ることが出来るようになりました。

日程の都合が悪くなるとリアルタイムで候補日を検索して、迅速に日程変更を行えるようになってたいへん便利になったと思います。

アップルストア銀座のジーニアスバーは、結構混んでいたので指定の時刻に受付終えても、結局20分ぐらいは待たされちゃいましたね・・・。

待っている間、暇だったので改めて2台のiPhoneXの設定を揃えて確認、写真を撮りました。

写真の撮り方もあるかもしれないけれど、やはり左側のiPhoneXは全体的に黄色っぽくて、赤っぽくも見えますよね。

設定は、どちらのiPhoneXも「TrueTone」をオフにして「輝度」を最大、「位置情報」もオフ、「省電力」もオフにしています。
その他にもディスプレイ調整の設定で、「明るさの自動調整」をオフ、「ホワイトポイントを下げる」をオフとしました。

白色が多い壁紙画像で比較すると、左側のiPhoneXは白色が少しクリーム色に見えませんか?

店内の照明光が画面に反射しているので、なかなか同一条件にならなくて比較が難しいのですが、どう見ても全体が黄色っぽいです・・・。

アップルの店員さんに2台のiPhoneXを渡して、店舗奥の上級ジーニアス(?)に確認して来てもらいました。
結局、「これくらいの画面の色味の違いは仕様の範囲とさせて頂いている」というのがアップルの見解です。

まぁ回答内容は大凡予測していた通りですね。

ジーニアスバーに行った日時は、返品期限最終日だったので返品は可能であるか確認すると、もちろん返品は可能との回答です。

ただし、返品もしくは交換をしてもiPhoneXの在庫が無いので、しばらく待たないと行けないんです。
それに、次回に用意されたiPhoneXの画面色身も期待通りとは限らないという事です。
まぁそらそうだよね・・・。

さらには、今回はキャリア契約にしたので、もし交換希望ならば契約したアップル店舗に行って交渉しないといけないらしくて、面倒なので断念しちゃいました・・・。(表参道で契約だった)

もしSIMフリーならば、どこのアップルストアでも返品が可能、しかし契約モデルであれば契約したアップルストア店舗に行かないといけない事が分かりましたので今後の教訓(?)とします。

今回は回答内容についてある程度予測していましたし、面倒な事もあるけれど、まぁ比べなければ気がつかないとは思うので、これ以上強く交渉などせずにジーニアスバーを出ました。

iPhoneXは有機ELディスプレイで黒は真っ黒、白は強く真っ白ってイメージがあったので、黄色っぽいディスプレイは少々残念・・・。

それでもiPhone7Plusと比べたら黄色iPhoneXの方がかなりマシに見えるので、まあ今回は良しとしますよ。
それに色温度高く青白っぽいディスプレイ画面は、アジア系の人が好んで、色温度が低い黄色っぽいディスプレイ画面はは欧米系の人が好むと聞いた事があります。

結局は、好みなんでしょうかね・・・。

ジーニアスバーを後にして、1FのiPhoneXデモ機を3台並べて色味を確認したら、どれもバラツキがあったんです。
昔からアップルのディスプレイは、固定差が大きいって聞いたことがありましたけれど、本当にどれも同じ色味ではありませんね(笑)

いこか PC記事下 レクタングル大1

スポンサーリンク

いこか PC記事下 レクタングル大2(1と同じ)

スポンサーリンク

関連アドセンス

-APPLE
-

Copyright© わくわくライフ , 2018 All Rights Reserved.