わくわくライフ

ブログ名変更、旧「ぼちぼちいこか」です。アップル関連、iPhoneの話しを中心に、家族旅行の事など語るブログ。わくわくドキドキを求め人生を歩みます!!

日記 雑記

白メダカの稚魚、小さな命が日々誕生しています!!でも、増えすぎ注意かな・・。

いこか PC記事上 レクタングル大

スポンサーリンク

投稿日:

白メダカの稚魚がたくさん誕生しました!!

メダカを飼育し始めてから、毎日毎日卵の確認と採卵、水換えをやっています。
始めて卵を採卵してからたぶん10日ぐらい、4,5匹の稚魚(正確にはまだ針子っていうのかな?)がこの世に誕生しました。

その後、次々と針子が誕生。
今では、針子が約30匹となり、2箇所に分けて飼育しています。

白メダカの針子がたくさん誕生!!

白メダカの飼育は先月より開始

先日から白メダカの飼育を開始しています。

白メダカの飼育を始めた。可愛い稚魚がたくさん生まれますように・・。

我が家ではまだ生き物を飼った事がなかったんですけど、突然ですがメダカを飼うことになりました。 僕自身は、昔実家で、猫、十姉妹・文鳥、金魚など ...

続きを見る

当初は、白メダカ10匹。
稚魚がたくさん増えたら嬉しいな、って思って飼育を開始しました。

白メダカの卵を指で採卵

卵をどんどん産んでくれるので、日々採卵と水道水の水換えしています。

白メダカが産卵、恐る恐る指で摘んで採卵した。水カビから卵を守るために対策が必要。

最近のマイブームは、白メダカの飼育。 最初は、たかがメダカなんだから適当に水槽に入れとけば良いよね、ぐらいに思っていたのに、今では娘以上に僕 ...

続きを見る

正直、こんなにも簡単に多くの卵を産むとは思っていなかったですね。
採卵した卵は、別容器に入れて水カビに侵されないように毎日水道水を取り替えています。

卵を採卵してから「積算温度250℃で卵が孵化する」ということで、10日×25℃ぐらい。
計算通り10日過ぎぐらいで卵から孵化してくれました。

初めに卵から孵化した針子は、下記のような小さな稚魚用ケースに入れています。

メダカの針子を親メダカの水槽でも飼育する

稚魚専用ケースだけでは、孵化した針子ですぐにいっぱいになりそうなので、次の対策として「メダカの浮くネット」を購入。

卵から孵化した稚魚たちを親メダカと同じ水槽で買うためのグッズ

水槽に取り付けてみたら、ちょうと良いサイズ感。
ちなみに画像の水槽は、横幅50cm×奥行き24cm×高さ29cmです。
良い感じで水槽の隅に収まってくれました。
水槽内に稚魚を育てるネットを設置。ちょっと大きいかな・・。

採卵した卵を別容器で管理して、数日様子を確認。
無精卵でなく水カビに侵されていない卵のうち、目玉が確認出来てもまもなく孵化しそうな卵をこのネット内に移しています。

小さな小さな白メダカの針子がたくさん泳いでいます!

画像では分かりにくいですが、15、6匹の針子が誕生、ネット内で泳いでいます。
稚魚を囲うネット内に15匹ほどの針子が誕生

とても小さくてカカワイイ。見ているだけでかなり癒やされますね。

針子は稚魚専用の餌を与えています。

粉状なので、孵化して数日経った針子でも食べてくれています。

どんどん増えているので、そろそろ採卵は中止かな

稚魚専用ケースに、13,4匹の針子、水槽内ネットに15匹ほどの針子がいます。
その他卵が、恐らく20個ぐらい。

針子は、誕生してから2週間を生き残れるかが勝負らしいです。理由は小さすぎて餌が食べられないから。
今泳いでいる子達の何割が生き残るかわからないけれど、仮に8割が生き残ったとしたら約20匹が針子か稚魚になります。

卵は日々増えていまが、今ある20個ぐらいのうち8割が針子から稚魚になるとしたら合計30匹強が稚魚になるので、そろそろ採卵はストップしないといけないかもしれません。

どこかのサイトで「簡単に100匹ぐらい増える」って書いてあったけど、まさにそんな感じになりそうですね。

まとめ

  • 日々、針子(卵から孵化して2習慣ぐらい)が誕生している。
  • 素人でも卵から孵化、稚魚を誕生させることが可能です。
  • 餌は、稚魚専用の粉状のものを与えます。
  • こんなにも簡単に増殖すると思わなかったので、採卵調整しないといけなさそう。

いこか PC記事下 レクタングル大

スポンサーリンク

いこか PC記事下 レクタングル大

スポンサーリンク

-日記, 雑記

Copyright© わくわくライフ , 2017 All Rights Reserved.